発電してスマホを充電できる!進化した「たき火ストーブ」

停電になった時のスマホの充電はどうしますか

災害や台風での停電が多かったですね

連絡手段や情報収集で必須になるスマホ

発電できて調理にも使えるストーブ

キャンプにもつかえますよ。
 
 
ストーブ 売れ筋ランキング【楽天】
 
 
バイオライト キャンプストーブ2
 
 

 
 
バイオライト キャンプストーブは小枝を集めて燃やすだけで、

暖をとる、調理ができる、さらにUSB給電でスマートフォンや携帯電話、

LEDライトなどの充電ができるという優れもの。
 
 
たき火で発生した熱を電気に変換してファンをまわし、燃焼効率を上げる事で

強力で安定したたき火や調理を楽しめます。
 

前モデルに比べ発電量が1.5倍になり、より安定した蓄電が可能。

発電した電気は本体に蓄電され、たき火をしていない時にも

電子機器に充電する事が出来ます。
 

4段階の風力調節機能と発電量・風力・蓄電量が一目でわかるLEDのインジケータと、

USBポートにつなげて手元を照らせるフレックスライトつき。
 
 
ガス燃料不要で小枝を燃料にすることが出来るので、

アウトドアだけでなく、防災用として活躍します。
 
 
燃焼と発電のしくみ

たき火で発生した熱を電気に変換し、それによりファンを回して

火力を促進・安定させ、燃焼効率を上げることが出来ます。

また、余った電力は蓄電し、スマートフォンなどの充電に充てることが出来ます。

風力は4段階で調整が可能、また発電量・風力・蓄電量は

LEDのインジケータで確認する事が出来て安心です。
 
 
夜間手元を照らすフレックスライトつき

USBポートに繋いで、手元を照らす事が出来るフレックスライト付き。

夜間での使用にとても便利です。

※蓄電されている時しか使用できません。
 
 
使用しない時はコンパクトに持ち運べる

発電機部分は取り外してストーブ本体に収納が可能。

三脚部分も折りたためるので、とてもコンパクトになり、持ち運びも楽々。
 
 
サイズ:直径12.7cm×高さ21cm (収納時)

付属品:フレックスライト、収納袋、本体充電用ケーブル、着火剤

USB出力:2A

重量:935g

内蔵電池:2,600mAhリチウムイオン電池

沸騰到達時間:4分30秒(1.0L) ※燃焼条件により異なります。

発電能力:3W@5V(持続可能最大)

素材:ストーブ部分:ステンレス鋼

製造:中国
 
 
 
発電した電気でモーターを回して充電だけでなく

同時に燃焼効率も上げるのは一石二鳥ですね。
 
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする